CARE

入浴後に肌がつっぱる人は注目! 冬以外にもするべき、肌の乾燥を防ぐお風呂のボディケア

冬の空気の乾燥だけじゃない! 通年で注意したい乾燥の原因

実は肌が乾燥する原因となるのは、冬の空気の乾燥だけではありません。冬以外の季節でもエアコンによって室内の空気は乾燥しやすいため、肌の乾燥には注意が必要です。また、生活習慣も肌の状態に影響を与えます。たとえば、睡眠不足やストレス、喫煙習慣なども、皮膚のターンオーバーの周期に影響を及ぼし、肌の乾燥を招く原因に。日頃から十分な睡眠を意識して、ストレスを溜めないようすることが肌の健康にもつながります。

このほか、肌の乾燥につながる原因として意外に見落としがちなのが、紫外線による影響や入浴習慣。合わせて、一年を通して注意したいのが、体の中でも皮脂分泌が少なく、とくに乾燥しがちな部位のケアです。これら3つの項目について、次から詳しく解説していきます。

<健康な肌と紫外線を浴びた肌の比較>

毎日浴びる「紫外線」も肌が乾燥する原因に

紫外線は一年中降り注いでいて、とくに4月~9月は量が多くなります。紫外線を大量に浴びると、角質細胞が不完全で壊れやすい状態になり、肌のバリア機能が低下してしまいます。すると、肌はダメージを受けやすくなり、ゴワつきやカサつきなどのトラブルを招きやすくなるのです。肌のトラブルを防ぐためにも、紫外線対策は季節を問わず、意識をしましょう。

もともと皮脂が少ない部位は通年で乾燥しがち

体の部分の中でもとくに肌の乾燥が気になりやすいのが、ひじやかかと、ひざ、ひざから下などの部位です。これらの部位はそもそもの皮脂の分泌量が少なく、その量は頬の30分の1以下ほどという報告も。そのため、一年を通して乾燥対策を行うことをおすすめします。

毎日の入浴習慣も、
乾燥肌を加速させているかも?

意外にも肌の乾燥を招く原因になりやすく、一年を通して注意したい項目がもう1つ。それは、毎日の入浴です。紫外線を浴びるなどして肌のバリア機能が低下した状態でお湯につかると、角層が膨らんで肌が本来キープしている潤い成分が流失しやすくなります。

さらに、肌のバリア機能を守るためには、体を洗うときにタオルでゴシゴシこすりすぎないことも大切です。保湿効果の高いボディソープや入浴剤を使う、入浴時のお湯は38~42℃以下に設定するなどを意識しましょう。乾燥が気になる方は、入浴後に保湿クリームを塗ったりするのもよいでしょう。

乾燥肌のケアは、季節にかかわらず意識して

乾燥肌のケアは冬だけではなく、季節にかかわらず一年中意識したいもの。肌のつっぱりやゴワつきが気になる方は、毎日の入浴方法の見直しから始めてみることをおすすめします。とくに、ボディソープは毎日使うものだからこそ、保湿効果の高いタイプを選ぶことが大切です。さっぱりした洗い上がりが好みの方は、しっかりと保湿しながら肌表面はサラサラに仕上げるボディソープもあるので、試してみてください。

この記事をシェアする

hadakaraコラム一覧へ

保湿成分が洗い流されないボデイソープhadakara※当社比

hadakaraブランドサイトはこちら

hadalaraファンプログラム募集フォームへ